• ホーム
  • 毎年花粉の季節に肌荒れしてない?花粉皮膚炎かも

毎年花粉の季節に肌荒れしてない?花粉皮膚炎かも

毎年花粉の季節に肌荒れをしているなら、それは花粉皮膚炎かもしれません。普段から花粉の症状のない人でも花粉皮膚炎を発症することはあり、皮膚科などで行う皮膚アレルギー検査で判断をすることもできます。目のかゆみや鼻水に、肌の露出している部分のむずむず感、ざらつきやチリチリ感なども感じやすい症状です。

皮膚のバリア機能が低下をして、そこに花粉による刺激がプラスされるために、軽いアレルギーを起こします。健やかな人間の皮膚は角質に潤いがあり、バリア機能も正常に働きますが、乾燥をした肌は守り切る力がありません。角質は乾燥によりめくれてしまうので、知覚神経は表皮の近い場所まで延びることから、いつもよりも皮膚は敏感になります。

通常の健康な肌とは違い敏感な状態になるので、かゆみを感じますし敏感肌にもなりやすいです。顔と同じように常に露出をしている、手にも軽いアレルギーを感じる事もあります。バリア機能が低下をするのは顔だけではなく、手など常に外部刺激にさらされやすい部位も含まれるので、予防をすることも必要です。

治し方としてはひどいようなら、皮膚科を受診してお薬でのケアをしていくこともできます。接触皮膚炎の治療と同じように花粉皮膚炎の治療では、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬にステロイド剤の外用などを使うのが一般的です。皮膚に花粉が接触をすることで起こる皮膚炎ですから、まぶたや首に顔全体など露出する部分に症状が出てきます。

花粉とは出来るだけ接触をしない根本的な予防も必要になるので、外出をする時には帽子をかぶったりマスクをしたり、メガネを使うなどすることです。できるだけガードをかたくして、家の中に花粉を持ち込まないようにします。帰宅をしても玄関を通る前に、いったん上着は外で払うなどしてから家の中へ入ることです。

治し方として皮膚科を利用するなら、内服薬と外用薬が中心になります。予防も兼ねてセルフケアで行うべきことは、基礎化粧品による保湿ケアです。肌は一時的にデリケートな敏感肌になっているため、肌のバリア機能を向上させるためにも、化粧水をフル活用した高い保湿ケアをするようにします。

油分も必要ですが何よりも、弱い肌を回復させて外部刺激から守るには、水分を十分に補い満たすことが先決です。敏感な状態でかゆみがあるからといって、スキンケアを控えることはしません。十分な化粧水での保湿をして潤いを高め、美容液やクリームで栄養と油分を補うことにより、花粉皮膚炎に負けない健康な状態へ導かれます。