• ホーム
  • ブレボキシル洗顔で簡単にニキビ対策

ブレボキシル洗顔で簡単にニキビ対策

有効成分過酸化ベンゾイルを含有するブレボキシル洗顔は、ニキビ予防に最適な洗顔料です。赤ニキビに対して過酸化ベンゾイルは量力な殺菌作用をもたらし、硬くなりがちな角質を柔軟にするので、
ブレボキシル洗顔は毛穴の詰まりの予防にもなります。

抗生物質ではありませんので、耐性菌発生を促進させることにはなりません。長いあいだ抗生物質を使い続けると、耐性菌ができてしまうことがありますが、過酸化ベンゾイルは外用薬であり洗顔のタイプです。原因菌が増えてしまうのを抑える抗菌作用を持ち、角質を柔軟に剥離させることにより、毛穴の頑固な詰まりも改善します。

ブレボキシル洗顔は塗らない外用薬であり、低刺激なので敏感肌の人でも使用は安心です。予防と改善の治療のために、日常的な洗顔に使うことができます。アクネ菌を撃退するというと、通常の医薬品は塗るタイプですが、これは塗らない洗顔医薬品です。

嫌気性の性質を持つのが原因になるアクネ菌であり、過酸化ベンゾイルの成分がアクネ菌を増殖させることなく、酸化させる仕事をします。過酸化ベンゾイルの成分に過敏なタイプもゼロではなく、腫れやかゆみを生じることもあるため、最初は少量から試すことです。とはいえ基本的には低刺激の配合成分ですから、デリケートな敏感肌の人にも安心のアクネケアをすることができます。

日頃から予防でブレボキシル洗顔を使うことで、健やかな肌状態を維持することになりますし、治療として取り入れることも可能です。日常の洗顔で愛用をすることで皮膚の細孔に成分が入りやすいですし、酸化の働きがバクテリアの代謝の阻害をします。

使い方は手を洗い清潔にしたら、顔をぬるま湯で濡らしておき、毎回の使用量は適量を守ることです。手に出して肌に塗布して、1日に1回もしくは朝晩の2回肌を優しく洗います。患部を洗顔で清潔に保つことで、軽度の症状であればよい状態を維持しやすいですが、早期であれば局所抗菌薬や抗炎症薬の使用もひとつの手段です。

サリチル酸は抗炎症作用がありますし、過酸化ベンゾイルは弱い抗菌作用を持ちます。ニキビ治療および予防に有効な洗顔剤が、ブレボキシル洗顔の優れている部分です。水を加えて泡立てるホイップ状になる洗顔料ではなく、スクラブタイプですが粒はさほど大きくはなく、肌に使ってもマイルドで強い刺激はありません。手軽にニキビケアとして使うことができますし、洗い上がりの肌の状態も健やかで快適です。