• ホーム
  • ピーリングって結局肌に良いの?悪いの?

ピーリングって結局肌に良いの?悪いの?

肌がきれいなので満足をする女性

普段のクレンジングや洗顔では落とせない、古い角質や毛穴の詰まりも、ピーリングをすることで柔軟に除去することができます。メイクの油分と皮脂や汚れが毛穴に詰まると、アクネ菌が増殖をして炎症を起こしやすくなりますが、これはニキビが生じる原因です。市販コスメではジェル状の商品もあるので、普段のお肌のお手入れに加えやすく、ケアも簡単にできます。市販コスメのジェルであっても頻度は、毎日ではなく週に1回や、10日に1回など間隔をあけて使うことです。

皮膚科でも導入をしている美肌治療であり、軽い炎症反応を起こすことで、皮膚の再生を促進させます。一般のコスメ商品とは異なり、皮膚科などで行うケミカルピーリングは、医薬品の酸を使用した効果の高い方法です。医療機関を利用しての頻度としては、ニキビ治療を目的とするなら2週間に1回くらいが目安であり、数回繰り返します。

自由診療での治療となりますので、市販コスメのジェルを使うよりも料金は高めです。ですが医療機関であること、お医者さんがいることなどの安心感がありますし、医薬品を使うことからコスメより効果も高くなります。また美容皮膚科などの場合は、同時にイオン導入などもできるため、より美肌効果が高いです。お肌のメンテナンスを目的とするなら、頻度は月に1回程度でも構いません。

皮膚表面の皮膚を専用の酸で溶かすことから、治療中は軽い刺激があり、その後は赤みが軽く生じたり、乾燥をすることもあります。太陽の紫外線に当たると日焼けをしやすく、デリケートな状態は肌荒れを起こしやすいです。お手入れを受けるのであれば必ず紫外線対策をすること、日焼け止めクリームを塗ったり帽子や日傘で肌を守るようにします。

皮膚の表面に医薬品の酸を塗布して、不要な古い角質層を溶かしますので、新しい皮膚細胞との入れ替わりがしやすくなり、ターンオーバーを正常化させる方法です。不調のない皮膚はターンオーバーが順調であり、自然に皮膚細胞が生まれては押し上げられるので、常に若々しい肌を維持することになります。

サイクルが乱れると角質が表面に蓄積をしたり、ニキビのもとになる毛穴の詰まりにもつながるため、定期的に頑固な汚れの除去が必要です。正しい方法と頻度で行うこと、紫外線対策をキチンとして、肌の保湿ケアをすることを守れば、ピーリングは肌にとって良い効果をもたらします。柔らかくてみずみずしい、理想の肌へ導き、維持するためにもピーリングは効果的です。