• ホーム
  • ヒルドイドフォルテジェルとクリーム使い分けの極意

ヒルドイドフォルテジェルとクリーム使い分けの極意

ヒルドイドフォルテにはジェルとクリームがあるため、季節的なことや肌のコンディションで、上手に使い分けをすることができます。使い方は清潔な肌に塗布をするだけなので、難しいことはありません。ヘパリン類似物質を有効成分としている医療用の保湿剤であり、どちらも基本的な成分と効果は同じです。

肌に塗布をした後のべたつきが気にならずに、塗った際の乾きも早いジェルタイプは、使用感もとてもさっぱりとしています。乾燥肌の改善をはじめとして、皮膚のかさつきや手荒れなどを改善するために役立つ保湿剤です。気温が上昇をして発汗も多い、汗のべたつきも気になる夏場には、乾きの良いべたつきも気にならない、さっぱりタイプもジェルでのお手入れが向いています。

みずみずしいテクスチャーで夏でも気軽に使うことができますし、根本的な乱れた肌環境を改善するために役立つ保湿剤です。使用感はとてもサッパリしているジェルですが、医療用の保湿剤という効果の高さと共に、抜群の保湿力が魅力になります。角質の構造的に水分が蒸発をしやすく、ナイーブな状態を修復するために大活躍です。

肌の潤いをその時だけ保つものではなく、乾燥の激しい皮膚の環境を根本からリセットして、良い状態へ導くことになります。清潔な肌に塗るタイプであり、ジェルを塗布するとすぐに馴染んで、表面はサラサラな状態です。みずみずしいジェルは広い範囲にも伸ばしやすいことから、頭皮や背中など面積の広いパーツにも適しています。

肌の内部への浸透力には長けているジェルですが、水分量が多い特徴をもちますので、水分を皮膚内部へ閉じ込める役目としては、クリームの方が力は上です。暑さがピークを迎える夏にはジェルで良いものの、気温が下がり乾燥の激しくなる冬が来たらヒルドイドフォルテクリームに切り替えます。油分も多いことから水分を閉じ込めますので、激しい冬の乾きに負けることもありません。

有効成分ヘパリン類似物質を配合の外用薬、ヒルドイドフォルテクリームは、しっとりとしたテクスチャーで年間を通して使いやすいタイプです。ただ夏場は発汗の関係からべたつきを気にするようなら、真夏以外の使用にするなど使い分けをするのも良い方法になります。

皮膚の乾燥に伴うかさつきをはじめ、粉拭きやかゆみにひび割れなど、皮膚トラブルの症状を治療するのが大きい目的になるのが、ヘパリン類似物質の医薬品です。人間の肌における角質層の水分蒸発を守り、皮脂欠乏症を改善するためにも役立ちます。顔の乾燥にも利用をすることで肌が潤う効果を実感することができますし、通販で気軽な購入のできる保湿剤です。

常に露出をする顔ですからヒルドイドフォルテを使い、乾燥から肌を守ることができるのは助かりますし、通販であれば病院へ行く手間もありません。どちらの使い方も保湿をしたい箇所に、毎日ソフトタッチで塗るだけです。