• ホーム
  • ハイドロキノンと併用したほうがいいモノ

ハイドロキノンと併用したほうがいいモノ

お肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンの効果を、最大限に引き出すためにも、併用をしたほうが良い物があります。漂白作用のあるハイドロキノンは、病院で処方してもらうこともできる、ビタミンA誘導体のトレチノインとの併用が効果的です。ダブル使いをするのが良いのは、併用をするとシミを生じさせる原因の、メラノサイトの働きを抑制するためであり、片方だけよりも効果を発揮します。

塗り薬のトレチノインとハイドロキノンの使い方は、洗顔をして肌を清潔にしてからです。失われた水分を化粧水で補い、患部よりはみ出さないようまずはトレチノインを塗ります。完全に成分が乾燥をしたことを確認して、さらにハイドロキノンを塗布して、その後は乳液や美容クリームでの保湿も忘れません。塗布をする際には綿棒を使うと、患部に上手に塗ることができます。

また乳液など一通りのケアをした後で、外出をするのであれば、日焼けが厳禁ですから日やめ止めクリームを必ず塗ることです。紫外線吸収剤不使用の種類を選ぶことであり、紫外線吸収剤は皮膚が敏感だと化学変化で刺激となることがあります。位置的に皮膚は弱い状態になるので、日頃からUV対策をすることは必要であり、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めクリームで肌を守ることです。

使い方としてはハイドロキノンを塗布して、基本のスキンケアをしてからUVケアアイテムを使います。病院での処方薬以外にも併用をしたほうが良いのは、市販商品にもあるビタミンC誘導体ローションです。ビタミンC自体は効果は高いものの、そのままだと大変不安定な性質があります。肌に塗布して初めて効果を発揮させるために、誘導体にすることで不安定要素の問題は解決です。

そこで使いたいのが市販されているビタミンC誘導体ローションであり、ビタミンCをしっかりと届けて美白効果を高めることになります。シミをリセットするためにもビタミンCは必要であり、キチンと成分が届いてこその効果でもあります。ハイドロキノンでのお手入れをはじめると、一時的に皮膚は若干乾燥することから、保湿剤を使うのは建設的な方法です。

皮膚科など病院でも保湿剤の処方を受けることは出来るため、相談をすることで保険適用での入手ができます。乾燥肌や敏感肌に向けての処方ですので、皮膚科での相談で保湿剤を入手して、健やかな肌を維持しながら美白肌を目指すことが可能です。トレチノインやハイドロキノンを使っている間は、高保湿を心掛けるのと共に、日焼け止めクリームでのケアも欠かすことは出来ません。