• ホーム
  • ほほの毛穴のたるみが気になってきたらエイジングケアを始めよう

ほほの毛穴のたるみが気になってきたらエイジングケアを始めよう

ほほの毛穴のたるみが気になってきたら注意であり、エイジングケアを始める良い機会です。鏡を見てほほの毛穴がこれまでより目立つのは、シワやたるみも同時に進行をしているシグナルであり、エイジングを食い止める必要があります。加齢とともに皮膚にも老化のサインが現れ始めますが、肌代謝が遅くなることで乾燥をしやすく、たるみも目立つようになるため要注意です。

美肌の秘訣は肌代謝を上げることであり、早く改善をしたい気持ちは出てきますが、地道なケアが最も大切になります。一刻も早く皮膚の新陳代謝を高めるのであれば、美容皮膚科などの治療も視野に入れるのもひとつです。でも費用面や長く続けられる無理のない方法なら、毎日のスキンケアを丁寧に続けていくのが最も良い改善策になります。

ほほの目立つ毛穴は別名たるみ毛穴ともささやかれるほど、エイジングに関わっていて、形もまるでしずくのようです。紫外線も皮膚の老化に密接にかかわりますので、日頃からのUVケアをしっかりと行います。思うよりも紫外線は肌老化に関わっており、肌の奥の真皮層にまで波長の長いUV-Aは到達をするので、エラスチンやコラーゲンを破壊する大きな要因です。

線維芽細胞はエラスチンやコラーゲンを作るために活躍をしますが、刺激で損傷を受けるのでしっかり働くことができません。損傷の影響により皮膚にはシワやたるみも起こりやすくなります。シミや皮膚を黒くする日焼けに最も関わるのはUV-Bであり、メラニン生成を行うことでUVのダメージから皮膚を守るために働きますが、過度のメラニンだと十分に力を発揮できません。

メラニン生成が過剰になることで、色素沈着やシミになります。波長の長さの違いがあるのが紫外線であり、大きくは3種類ありますが、そのうちの2種類が皮膚への大きなダメージになる発端です。真皮層の潤いを保持できなくなるため、紫外線を浴び続けると肌は乾燥をします。皮膚の乾きはたるみにつながりますし、毛穴も目立つばかりか、エイジングサインも激しくなるばかりです。

健やかな肌を目指すには肌代謝を正常化させることであり、化粧水や美容液をフル活用しての、高保湿は欠かすことができません。洗顔後には化粧水での十分な水分補給を行い、すぐに乳液ではなく美容液を必ず使うことです。

美容成分が凝縮しているのが美容液なので、肌の潤いを高めて必要な栄養を届けてくれます。シワやたるみの予防対策としても、化粧水や美容液を使う保湿メインのスキンケアは有効な方法です。